2021年5月10日月曜日

2021年4月/第412回月例会

  第412回月例会

2021年04月09日(金) 於:Zoomによるオンライン開催

京都大学大学院 工学研究科 材料科学専攻 生体材料科学分野 教授 沼田 圭司 氏

「クモ糸や天然ゴムから学ぶ高分子設計」

(講演概要) クモなどの一部の生物種が生産するシルクタンパク質は、ベータシート構造をはじめとした特徴的な二次構造を周期的に形成することで、特異的な力学物性や生物学的特性を発現する。クモの糸、特に牽引糸と呼ばれる糸は、その軽量かつ強靭な物性から、高強度構造材料など幅広い分野への応用が期待されている。次世代型の材料として期待が膨らむ一方で、その紡糸機構は未だ明らかになっておらず、クモの糸を人工的に紡糸する技術が効率的に開発されない要因の一つに挙げられている。このような科学的・社会的背景から、クモ糸の形成過程におけるシルクタンパク質の構造変化を明らかにし、クモ糸の紡糸機構を解明することは、人工的なクモ糸の開発や、有機溶剤を使わない環境低負荷型の加工プロセスの実現に向けて非常に重要な課題である。本講演では、最近の進捗を踏まえて当該の研究成果について紹介する。

2021年3月25日木曜日

2021年3月/第411回月例会

 第411回月例会

2021年03月09日(火) 於:Zoomによるオンライン開催

株式会社ブリヂストン 中央研究所 先端技術統括部門 フェロー  会田 昭二郎 氏

「ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー『SUSYM™(サシム)』」

(講演概要) SUSYM(サシム)は、㈱ブリヂストンが独自の合成技術で創り出した世界初のポリマーです。ゴムのしなやかさと樹脂の強さを両立しながら、(1)穴が開きにくい(耐突き刺し性)、(2)治る(再生・修復性)、(3)低温でも強い(低温耐衝撃性)など、既存の材料では得ることができない特異的な性質を自在に引き出すことができます。タイヤ以外の様々な分野への適用が可能と考えており、広く開発のヒントとなるような基本的な特徴を紹介いたします。

2021年2月/第410回月例会

 第410回月例会

2021年02月18日(木) 於:Zoomによるオンライン開催

(公財)科学技術交流財団 業務部 アドバイザー  大森 茂嘉 氏

「セルロースナノファイバー及びセルロースマイクロファイバーの最新の開発動向~実用化事例、最新の研究開発紹介及び今後の普及に関しての課題について~」

(講演概要) セルロースナノファイバー(CNF)のユニークな特性を生かした商品化が大変多くの分野で進んできている。しなしながら、樹脂・ゴム等高分子材料への応用についてはまだ課題も多く、実用化事例も数少ない。最近ではバイオマス素材として、セルロースマイクロファイバー(CMF)を高分子材料へ応用しようとする動きも見受けられる。CNF、CMFの実用化事例と、特に高分子材料への応用に関し最新の研究開発の紹介と社会実装に向けての課題を述べる。

2021年2月17日水曜日

第33回公開フォーラムへの誘い

**********************************************
第33回公開フォーラムへの誘い
― 特殊ゴム・エラストマーの未来展開 ―
**********************************************
お申込みは3/15(月) 18時に締め切らせて頂きます

 ゴム技術フォーラムは、ゴム産業の将来展望を目指した技術開発のあるべき姿を追求すべく、異業種を含めた多分野から講師を招聘しての勉強会、特定テーマによる調査研究と年1回の公開フォーラムにおける講演、報告、討論、及び出版物の発行を通じて提言、提案を行っております。
 ゴム技術フォーラムで特殊ゴム・エラストマー(以後特殊ゴムと略)の調査を行ったのは平成4年のことであり、また、特殊ゴムについての成書は、昭和の終わり頃相次いで刊行された合成ゴム加工技術全書12巻や平成4年発行になるゴム工業便覧(第4版)以降網羅的に纏められたものはなく、また総説も殆ど見当たりません。一方、環境問題を背景にゴムの最大需要先である自動車も大きく変わろうとしている時期でもあり、ゴム技術フォーラムでは「特殊ゴム・エラストマーの未来展開」調査委員会(調査委員長:日本ゴム協会名誉会員・竹村泰彦氏)を新しく発足させて調査研究を開始致しました。
 今回その最初の調査報告と共に我国の化学産業のあるべき姿と未来の自動車に関するお二人の権威の基調講演を交えて、第33回公開フォーラムを開催することに致しました。ここに概要を下記の通りご案内申し上げますので、多数御参加下さいますようお願い申し上げます。

主  催    ゴム技術フォーラム
日  時    2021年3月19日(金)10:00~16:50
会  場    オンライン開催(Zoomによる配信)
テ ー マ    特殊ゴム・エラストマーの未来展開
参 加 費    ゴム技術フォーラム会員・¥4,000、ゴム技術フォーラム会員以外・¥8,000
                開催日までに三菱東京UFJ銀行・赤坂見附支店(普通預金) №0206817
                ゴム技術フォーラム宛にご送金下さい(送金手数料はご負担下さい)。
申込方法    参加を希望される方は、下記の「申込み書フォーマット」部分を文面に
                コピーした電子メールを下記宛てに送付ください。

問合せ先:

  (一社)日本ゴム協会内 ゴム技術フォーラム
  〒107-0051 東京都港区元赤坂 1-5-26
  e-mail :(以下、3ヶ所にメールをお願いいたします。)
                gomugijutsuforum1526@gmail.com
                yasuhiko_takemura@friend.ocn.ne.jp
                gomugijutsu.forum@gmail.com

プログラム             

2021年3月19日(金)
                                <司会 藤井 信彦>
 10:00~10:10 開会のあいさつ    ゴム技術フォーラム 代表 平田 靖 
 10:10~11:40 基調講演(1)
「我国の産業の現状とあるべき姿」
国際大学大学院 国際経営学研究科 教授
(東京大学・一橋大学名誉教授)                橘川 武郎 氏

―― 昼食・休憩(11:40~12:40)――

                                <司会 小藥 次郎>

 12:40~14:10 基調講演(2)
「将来モビリティとゴムをはじめとする高分子材料への期待」
トヨタ自動車(株) 先進技術開発カンパニー
モビリティ材料技術部長                            永井 隆之 氏

―― 休憩(14:10~14:20)――

                                <司会 滝澤 俊樹>

「特殊ゴム・エラストマーの未来展開」調査委員会報告
 14:20~14:40 総合報告
    調査委員会 委員長                竹村 泰彦
    各論報告
 14:40~15:05 WG1(NBR & NV & NE、HNBR、ACM & AEM)
    調査委員会 WG1 リーダー 神戸 祐哉
 15:05~15:30 WG2(CR、CSM、CM、CO、FKM)
    調査委員会 WG2 リーダー 石川 哲也
 15:30~15:55 WG3(EPDM & EPM、ノルボルネンゴム、エポキシ化NR、U)
    調査委員会 WG3 リーダー 逸見 祐介
 15:55~16:20 WG4(Q、多硫化ゴム(T)、フォスファゼンゴム(PZ))
    調査委員会 WG4 リーダー 前田 哲生
 16:20~16:45 WG5(全てのTPE)
    調査委員会 WG5 リーダー 篠塚 翼
 16:45~16:50  閉会のあいさつ
    調査委員会 世話人     滝澤 俊樹


プログラムは一部変更になる場合がございますのであらかじめご了承下さい。


※以下をメールの文面にコピーして以下、3ヶ所にメールをお願いいたします。

                gomugijutsuforum1526@gmail.com
                yasuhiko_takemura@friend.ocn.ne.jp
                gomugijutsu.forum@gmail.com
************************(申込み書フォーマット)************************

ゴム技術フォーラム第33回公開フォーラム 参加申込書 兼 聴講誓約書

西暦2021年  月  日
ゴム技術フォーラム
平田 靖 代表殿

このたびゴム技術フォーラム主催の第33回公開フォーラムを聴講するに当たり
聴講者として、下記事項を遵守することを誓約致します。

                                                        

・月例会参加の招待URLもしくはミーティングID等は申込者本人のみの利用とし、
 第三者への譲渡及び転送はいたしません。

・パソコン、タブレット、スマートフォンなどの機器(デバイス)とインター
 ネットに接続出来る環境及びスピーカーやマイク、ヘッドセットなどの音声
 関連機器等は参加者自身で準備致します。
 また接続障害等による講演会への不参加や聴講不可に関して主催者側に一切
 責任を問いません。

・講演時は、Webカメラはオフとし、音声(マイク)をミュート設定にします。
 また、それらの設定に関し主催者側のコントロールを受け付けます。
 (質疑応答時は質疑者のみマイクON可)

・Zoom入室時に、表示名(スクリーンネーム)を氏名、または名前/所属に変更します。

・配布された資料を講演者に断りなく配布、転用いたしません。

・アナログ、デジタルの手段を問わず、講演の全部または一部の録音、録画
 及びスクリーンショット等の撮影をいたしません。

以上

貴社名:

住所:

所属部署:

参加者名:

E-Mail:

以上


2021年1月19日火曜日

2021年1月/第409回月例会

第409回月例会
2021年01月18日(月) 於:Zoomによるオンライン開催
産業技術総合研究所 環境創生研究部門 招聘研究員  加茂 徹 氏
「高分子材料のリサイクルの現状と持続可能な社会における使い方」
(講演概要) プラスチックやゴム等の有機高分子は軽量・丈夫で多様なデザインに対応できるため、衣食住の広い分野で使用され、現在の我々の生活を支える重要な素材である。一方、使用済みのこれらの製品の大部分は焼却され、低効率でエネルギー回収されているに過ぎない。持続可能な社会では、有限で貴重な有機資源を循環利用することが求められている。本講演では、有機資源を循環利用する重要性や、実用化に向けての技術的課題を解説する。

2020年12月15日火曜日

2020年12月/第408回月例会

第408回月例会
2020年12月14日(月) 於:Zoomによるオンライン開催
神戸大学大学院工学研究科応用化学専攻 教授  西野 孝 氏
「リアクティブ3Dプリンタによるラバー造形」
(講演概要) ラバーには成形加工性と架橋という相反事象が求められる。架橋と成形を同時に行うことで,このトレードオフを克服したリアクティブ3Dプリンタを開発し,得られたラバーをランニングシューズのソールに適用し,2回の神戸マラソンで実証検証するまでの5年間の国プロ(SIP)の成果と参画物語を紹介する。

2020年11月13日金曜日

2020年11月/第407回月例会

第407回月例会
2020年11月12日(木) 於:Zoomによるオンライン開催
千葉大学大学院 工学研究科 人工システム科学専攻 機械系コース 
教授  浅沼 博 氏
「防・減災に向けた革新的技術 ~ゴム等の柔軟材料の利用検討も含めて~」
(講演概要) 講演者は知的材料・構造システムに関する研究を長年にわたりリードしてきたが、東日本大震災以降、そのような最先端技術の防・減災分野に向けた展開の有用性を強く感じ、減災・サステナブル学を提案した。それはすなわち、防・減災目的ながら、非常時のみならず日常も有用な機能を発現し、社会の経済的・持続的発展を可能とするサステナブルな仕組み創成の学問であり、その技術分野の確立に努めてきた。本講演では、ゴム等の柔軟材料の、それらに関連した重要性についても議論する。